ノットイコール

作成日時 : 2017年07月27日 10:26 PM

更新日時 : 2017年08月03日 10:35 AM


40age-005-1

英会話スクールに通い始めた頃は、テキストを用いたレッスンを始める前のフリートークが、とにかく苦手でした。

とにもかくにも、まず英語の語彙が少なすぎるので、聞くのも話すのもできない状態です。

myself-resignation-1

フリートークなので、どんな単語が必要になるかもわかりません。当然、予習をすることもできません。

通い始めた頃は、レッスン前は、いつも胃が痛くなってました

「なんで今日、予約してしまったんやろ…帰りたい…」と後悔するのが常でした。

myself-smile-2

そして初期の頃のレッスンに多かった質問が

How was your weekend?

です。

myself-normal-1

私見ですが、欧米人は日本人と比較して土日をイベントで楽しむ傾向が強いです。

疲れをいやすために、家でゴロゴロして土日を過ごす私とは、認識の齟齬があります。

そのせいなのか「家で寝てた」と答えると「体調悪かったの?」とか「そうなんだ、家で何してたの?」と質問が続きます。

………えっ!?今、言ったのが全部やで!!

myself-surprize-1

なので、この質問に返答するために、土日にムリヤリ予定を作ってた時期もありました。

myself-normal-1

が、考えてみると、本当に「家で寝てるだけ」の土日ってないですよね?

例えば

  • 掃除や洗濯
  • 食料の買い出し
  • テレビやYouTubeの視聴
  • ゲーム
  • 読書(漫画も含めて)
  • 英語学習
  • 四コマ漫画の作成
  • 個人ソフトウェアの開発

などなどがあります。

私もイベントがない土日は、これらの返答をしていました。

講師も、特別なイベントを期待してはいないと思います。あくまでレッスンの一環ですから。

myself-normal-1

なので、この質問には、恐れず「家で過ごす平凡な休日」を答えましょう!

myself-letsroll-1

…………

………

……

あー…でも、やっぱ、たまにはイベントはあった方がいいですね…

myself-resignation-1

さて、ここからは余談なのですが、「ほぼ等しい」と言う意味で、≒(ニアリーイコール)を使うのは日本、台湾と韓国だけらしいですね。

国際的には、≈(approximately equal)などを使うみたいです。

国際論文を書く人には常識なのかな?

myself-normal-1

参考(Wikipedia):Equals_sign, List_of_mathematical_symbols

今回の四コマを描くにあたり、初めて知って、表記をどうしようかと思ったのですが、このブログは「英会話を学習する日本人向け」なので、≒(ニアリーイコール)にしました。

myself-normal-1

レッスン後に

作成日時 : 2017年07月25日 12:36 PM

更新日時 : 2017年07月27日 07:30 PM


40age-004-2

レッスンでは

  • パッとでない単語、フレーズ
  • 不自然な言い回し
  • 前は言えたのに忘れてしまった
  • 聞き取れない

などの、現状の自分に足りない部分が洗い出されます。

myself-normal-1

これらを改善していけば、もっとスムーズに英語を話せるようになります!

myself-letsroll-1

……なりたいです……

myself-resignation-1

とは言え、レッスン中は、ずっと会話が続くので、メモをとるヒマはありません。レッスン後に、自分のつまづいた部分を思い出そうとしても、たいてい忘れてしまっています。

myself-normal-1

幸いなことに、Gaba では、プライベートレッスンの録音が許可されています。

と言うより、勧められました

録音を聞き返せば、自分のつまづいた個所を再確認できます。

できますが…できるのですが…

………

……

これは新手の拷問か!

myself-surprize-1

きつい……きつすぎます。

日本語発音、あっていない時制、欠如する冠詞、つまるたびに「あー」と言う自分、講師の質問とかみ合わない私の返答…などなど。

ふがいない自分の姿を突きつけられるこの所業、恥ずかしすぎてレコーダーを投げ捨てたくなります。

myself-embarrass-1

ですが、録音を聞いて、

恥ずかしい、つらい、こんなの聞きたくない!

と感じれば、次は聞き直しても恥ずかしくないようにしようと必死になります。

そういう意味では、録音の聞き直しは、もっとも重要な復習だと思っています。

myself-normal-1

が、実際は、気力が残っているときしか聞き直ししてません

さらに、だいたい10分ぐらい(レッスンは40分)でギブアップします

重要なのは重々理解しているんですが……精神的ダメージがキツい。

myself-fear-1

いつの日か、毎レッスン後に聞き直しても恥ずかしくなくなるくらいまで、英会話力が上がるように、まい進します。

myself-letsroll-1

……いつの日か……

myself-resignation-1

レッスン前に

作成日時 : 2017年07月16日 10:56 AM

更新日時 : 2017年07月27日 07:30 PM


40age-004-1

Gaba に通うことに決めたので、契約をすませ、レッスン用のテキストも購入しました。

初レッスンは、緊張する自分の姿が容易に想像できたので、予習してからのぞむことにしました。

が、全く何をすれば良いかわかりません。

myself-resignation-1

これが英語の試験なら、問題集でもやっていくのですが、英会話のプライベートレッスンとなると、まったく何をしていけば良いのかピンときませんでした。

myself-smile-2

Gaba のプライベートレッスンは、自由がきくので、自分で内容を選ぶことができます。私も、初海外旅行前のレッスンは、入国審査の練習をしてもらいました。

明確な目的がないときは

  • 挨拶からの日常会話 : 5 – 40 分
  • テキストを使っての学習 : 残り時間

が基本のながれです。

myself-normal-1

「挨拶からの日常会話」は、自分の近況、最近の大きなニュースなどを話しています。

  • 近況 : 遊び、旅行、趣味、体調、不満、失敗談など
  • ニュース : 政治、国際情勢、災害など

これらの会話で使う単語や文などを調べていきます。

極論ですが、文は辞書さえあれば作成できます。

ですが、それが日常で使われる自然な英語かどうかはわかりません。レッスンでは、その点を指摘してもらえます。

また「そう言う返答の仕方があるんだ」と対応の言い方を学べます。

myself-normal-1

日常で使われる英語かどうかは、Web 上でも調べられるのですが、玉石混交で混乱してしまいます。

もちろん、正しい英語を配信して下さっているサイトは、たくさんあります。が残念ながら英語を学び始めたばかりの人には、その真偽がわかりません。

myself-normal-1

ですので、レッスンの前半で、自分が普段話す内容を、自然な英語で話す練習をしています。

myself-normal-1

まあ、ときどき興が乗りすぎて、それだけでレッスンが終わる場合もありますが。

myself-resignation-1

後半のテキストの予習としては、最低限、単語の意味を調べていきます。

単語は、知っている or 知らない だけなので、これにレッスンの時間が割かれるのはもったいないです。

………

……

ごめんなさい、ときどき、それすらサボっています。

myself-resignation-2

テキストには、ロールプレイの項目もあります。

予習は、想定質問と応答の文を作成し、実際に声をだして練習しています。

myself-normal-1

声にだして練習しみると、自分が想像している以上にスムーズに言えないことに気づきます。

ホンマに、泣きたくなるくらいに………

myself-fear-1

スムーズまでは無理ですが、たどたどしくても、瞬間的に口からでるようになるまでは、練習しています。

もちろん、ときどきサボってます!

myself-inspiration-1

私は、レッスンは、自分が学んだことの確認、修正の場と思っています。

独学では、カバー仕切れない、自然な英語を学ぶための貴重な時間です

時間を有効に使うためにに、予習はしっかりしてから、行きましょう。

myself-letsroll-1