窮地と言うきっかけ

このような感じで、アラフォーまでパスポートも取得したコトがない私の初海外出張初英語プレゼンが決まりました。
実際は、プレゼンの話は、顔合わせの話と時期的には異なり、出張の一か月前くらいに言われました。

英語プレゼンの件は内心「えええええ!!」と思いましたが、冷静に考えたら、顔合わせのためだけに、海外出張なんて無いですよねー。
いや、会社によってはあるか?

業務以外も大変でした。初海外なので、何が必要か全くわかりません。「パスポートってどうやって取るの?」からスタートです。
また「短期(数日)滞在だからビザ無しってやつやなー」と思ってたら「ESTA申請しといてねー」と言われますし。
ESTAって何!?

ESTA: アメリカにビザなしで渡航するときに必要な申請
詳細はコチラ

そんな慌ただしいなか、英会話の学習を約四か月間行い、海外出張に向かいました。
結果は……まあ、ゼロからはじめて、四か月ぐらいで英語を話せるようにはならないですよねー。

ですので、現地では、なるべく英語を話せる自社メンバーから離れないようにしていたのですが…
車での移動時に、現地メンバーの中に私一人になったり

昼食にデザートを頼んだら、私以外の自社メンバーは頼んでおらず、先に会議室に戻ってしまったり

思った通りにはいきませんでした。

他にも、レジの店員の「袋いりますか?」が聞き取れなくてパニックになったり(同僚が対応してくれました)、ホテルの受付のフレンドリーな対応にビビったり(問題があったのかと勘違い)と右往左往しました。

総じて、うまくいったとは言えない初海外出張ですが、異国の文化や風習にふれることができ、いろいろな初めての体験もできたので、その点では有意義でした。
……終わってしまえば…ね。

そして、これを機に、私の「アラフォーからの英語学習」が始まりました。今より少しでも英語が話せるように、挫折したり、サボったり、上達しなくて苦悩しながらも、英語学習を続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top