キリキリキリキリ

英会話スクールに申し込むにあたって、まずは体験レッスンを受けました。

体験レッスンの申し込みは、Webサイトから可能なので、気軽にしましたが、いざ体験レッスンとなったら、すっごい緊張しました。

待ってる間に「もう帰りたい!なんで申し込んでしまったんやろ」と思うぐらいでした。

体験レッスンとは言え、何も話せないのでは、良いか悪いかすら判断できないので、ある程度の想定問答は考えていきました。

  • 出会いの挨拶:Nice to meet you.
  • 趣味は何:What do you do in your free time?
  • 職業は何:What do you do?
  • なぜ英語を勉強するの:Why do you study English?
  • もう一度言って:Would you say that again?
  • Aはどう言う意味:What does A mean?
  • 別れの挨拶:Nice meeting you.

などなど。

それでも緊張しましたが。

体験レッスンを受けると、レッスンを直に体験でき、さらに疑問点をスタッフに確認できます。
Webサイトからもイロイロと情報は収集できますが、やっぱり直に話す方が細かい点も聞けて良かったです。

難点は、必ず勧誘されることですかね。まあ、これは仕方がないですねー。

初心者が英会話スクールを始めるときの第一の関門、体験レッスン。
これは、レッスンだけではなく、そのスクールの受講生への支援体制も確認できる貴重なシステムです。

ぜひとも胃の痛みを乗り越えてトライしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top